石笛倶楽部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   “

 

天然の石笛や新潟県のぬなかわヒスイ工房さんの石笛(おすすめ)、一升瓶… 石笛の吹き方で音が出るものを静かに20秒以上音を維持できる方は、ご連絡ください。その際…

 ①お名前

 ②ご住所(郵便番号も含みます)

 ③お電話番号(登録記念プレゼント発送伝票用)

 ④石笛・一升瓶の持続時間(必ず●●秒と明記のこと)

 ⑤楽器歴ほか(音楽の話ができる方なのか興味があります)

 ⑥その他ご希望があれば

ビール瓶・ワインの瓶は対象外です。ビンは必ず一升瓶で。「20秒くらい吹けます」も失格です。

ぬなかわヒスイ工房さんは丁寧な加工をしていて吹きやすいです。「誰でも吹けます」とか宣伝しているサイトもありますが、加工はお粗末。いい石笛は吹口を見るとわかります。ネットで石笛を選ぶ時は吹口を見て選ぶのがポイント。フリマで売ってる5000円くらいの石笛。守山なら吹けるけど、初心者には難しいものもありますよ。そんな石笛を買うくらいならぬなかわヒスイ工房さんの価格の安い石笛を買う方が…

ギター教室に「ギターやりたい」って言って、7000円のギター持ってくる人と80000円のギター持ってくる人じゃ、意気込みが違いますよね。本気で石笛を学びたいなら、いい石笛を。

(ぬなかわヒスイ工房さんの石笛、そんなに高くないですよ。でも品質は最高です。)

 

「守山さんは、どうして石笛であんな音が出せるの?」と尋ねられたら「一升瓶で遊べる」から。石笛の演奏に不可欠な呼吸法や、倍音をコントロールする息の使い方、わずかな音色の違いを感じ取る感受性… そのすべてが一升瓶の練習で得られます。

ワインボトルやビール瓶では話になりません(それこそ7000円のギター)。一升瓶なら1時間でマスターできることを、10年かかっても理解すらできない人がいます。

「一升瓶は音の厚みが違うよね」…そういう「厚み」を聴き分けられる人を歓迎します。

石笛倶楽部には中学生もいますが、一升瓶で練習したおかげで石笛は上級者。尺八も吹けます。

 

将来「石笛教室」をやりたいと思っていますが、入門編・上級編に分けてやるなら…

入門編は石笛の説明と一升瓶の練習になります。必ずマイ一升瓶持参で参加してください。一升瓶の貸し出しはしません。

上級編は一升瓶で20秒間・4種類の倍音を使い分けられるようになった人のみ募集。はじめに一人ずつ一升瓶を「演奏」してもらいます。石笛の練習はそこからです。

これだけ念を押して「ビール瓶吹けます」とか言ってきたら、「ええ根性してやがる」ですよ〜。

正しい練習方法が上達の最短ルートです。

一升瓶の練習方法リンク

 

いただいた個人情報は流用いたしません。「プレゼント不要」という方はお電話番号がなくてもかまいません。守山は電話が苦手ですので、こちらからお電話することは一切ありません。

「17秒ではダメか?」と言われれば「ダメ」です。石笛の美しい音色を最大限引き出すテクニックは「最弱音のコントロール」にあります。石笛に限らず一流のミュージシャンや歌手は共通して「最弱音」の使い方にたけています。守山は良い石笛なら「最弱音」を60秒以上音を出し続けられます。「20秒」というのは「入口」にすぎません。まだまだ修行不足です。

石笛倶楽部の登録記念に本物の石笛をプレゼントするのも「これで修行してください」ということです。17秒で修行を放り投げる人には石笛を差し上げられません。リラックスと瞑想で20秒をクリアしてください。

●記念プレゼント

”石笛倶楽部”へご登録された方には、吹きやすく音色が美しいものの、ヒビがあるなどして販売できない石笛を1つプレゼントさせていただきます。今回の「旅」でこれだけ見つけました。

a

吹きやすい石笛ばかりです(「これください」というご希望は受けつけていません)

 

発送は送料着払いの宅急便でお届けいたします。お受け取り時に送料をご負担ください。

どの石笛をプレゼントするかは、いただいたメールからインスピレーションを得て、勝手に決めさせていただきます。お楽しみに。

●石笛探しの旅 2016

●12月03日(土) 〜12月04日(日)「石笛倶楽部」の旅

毎年

遠方から

 

12月0

「ンのになってしまいました。残念。

Nさん邪魔したことがある旧知の仲。楽しい飲み会になりました。

守山が

 

 

12月0

好天に恵まれて一路串本へ。すさみまで高速が延びたので助かります。

最初に歩いた海岸はありますが、音が出るものはめったに出ません。それでも守山は何個か良好な石笛を発見。ち帰ることに。小さいのに深い孔があいていて吹きやすいです。少しノイズまじりの独特の音色が特徴的です。Nさんは数個の石笛を見つけましたが「お持ち帰り」は無し。

c

守山が見つけたサンドパイプ石笛(下)

 

 

2カ所目の海岸は「出ます。石笛「

でも収穫はなし。

 

3海岸では石笛が少なくなった印象。今回はこの海岸がメイン。

b

石笛を吹きながら海岸を歩くNさん

歩きはじめてしばらくど歩いても「ボーズ」。ところが広い海岸の中央付近までくるとザクザク石笛が落ちています。結局2人で150個ほど見つけたでしょうか?

穴のあいた石を見つけるとよく観察して吹きやすい角度を探します。一つ一つ形状が異なるので「ないので、吹きやすいものしか「くの石笛と出会うことができますし、初対面の石笛を試行錯誤しながら吹くことで技術も向上していきます。不思議?なことに石笛を吹いていると、穴のあいた石が視界に飛び込んできます。

拾った石笛は内部の付着物を掃除して、一つ一つ評価していきます。音色が美しくても吹きにくい石笛、吹きやすくても音色が平凡な石笛は海岸に置いていきます。能性」を最大限に引き出すには、かなりの技量が求められます。必死で選ぶのが勉強です。

Nさん奏できる素晴らしい石笛1つと、礫岩からカオリナイトのような柔らかい小石が脱落した石笛をチョイス。

a2

守山が見つけた石笛

あとはヒビがはいって販売できない石笛を16個持ち帰り。ヒビのはいった石笛は「に新規登録された方へのプレゼント。小さくて音の出やすい石笛がたくさん手にはいりました。ヒビがあっても音色は一級品ばかりです。

結局町の

 

民宿で

千葉県で見つけた石笛と、今日見つけた石笛をテーブルに並べて吹き比べます。これ者にとっては極上の経験。同じ石笛でも守山が吹くのと唇の位置や固め方、音程の変え方まで守山の吹き方を間近「る石笛じゃない」とか。

Nさん

そこで石笛を使った即興演奏の勉強会。「越天楽」「さくらさくら」「うれしいひな祭り」など楽の音階このテクニックは守山自身も開発中。スイッチがはいると演奏できますが、いつでも演奏できる訳ではありませんし、人に教えるところまで体系化できている訳でもありません。

「るので安心?です。

「石笛の練習にキーの高い横笛が欲しい」というただきました。

昼間た。

 

 

12月

2谷湿田」。ここでは横笛や石笛を演奏して響きを楽しみました。

守山はじゃないけど、守山本来の演奏スタイルはコレかな? …と。

Nさんのサウンドが本当に心地よかったです。冬眠しているはずのカエルも鳴きはじめました。

G

石笛を吹くNさん

守山も最後に

 

 

昼食は天然記念物の

山を海岸で最後の石笛探し。海岸の石に雨粒が当たって「穴」に見えてしまいます。「石笛かっ」と思っても、ただの石ころ。あまり石笛はありませんでしたが、最後に守山が小さくてかわいい石笛を発見。「

 

帰りの最後まで猛烈な「

 

Nさんても、参加者ゼロだとヘコムところでした。素晴らしい石笛にも出会えたし、充実した2日間でした。

f1

守山の「お持ち帰り」石笛

左

中央は貫通孔

右上は礫岩から小石が脱落

右下が最後に

 

 

 

 

 

 ほかの参加者との交流を希望される方は

●サイトを紹介します

”石笛倶楽部”発足いらい5年?守山が多忙にしていて何もできませんでした。個人的にはご相談を受けて産地をご案内したり、演奏を聴いていただいたりしました。年末の「旅」が唯一の企画です。

いま会員さんは全国で30名ほど。中には人工の石笛を製作される方もおられます。せっかくですから守山が何もしないぶん、みなさんで交流されてはいかがでしょうか?

「交流」をご希望される方がおられましたらHPをリンクさせていただきます。

 ①HPの「スクリーンショット」画像(サイトを紹介する画像やご本人のお写真など)

 ②サイトアドレス

 ③紹介文

をお知らせください。③紹介文は本文を掲載しますので簡略にお願いします。

サイトを公開するということは、会員だけではなく一般の方も目にされます。トラブルのないように「大人のおつきあい」をよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system