まんがでわかる横笛入門

k

横笛の持ち方

 

j

生徒役のキャラが失敗例を熱演

 

 

 

 

item

付録の「腹式呼吸トレーニンググッズ」

 

 

subflute

練習用のコロコロ笛

全ページにイラスト付き

テキストでは笛の持ち方から運指、腹式呼吸のトレーニング方法までわかりやすいイラストを使って解説しています。

また「生徒役」のキャラクターがあらゆる失敗例を熱演。初心者のおちいりやすいトラブルとその解決方法を紹介しています。

 

 

楽譜が読めなくても大丈夫です

テキストでは楽譜を使った練習曲の紹介はしていません。笛は同時に1つしか音が出ないので、メロディを覚えている曲なら楽譜を見る必要はありません。最初の音さえ間違えなければ、音を探りながら演奏できるようになっていきます。

その方が上達が早くなります。

楽譜(特に童謡のピアノ伴奏用)の中には、歌声に合わせるために音程を高くしているものがあります。例えば「チューリップ」は「ドレミ」ではじめると簡単に演奏できますが、多くの楽譜は「ファソラ」ではじまっていて2オクターブ目のレ半音のラ#まで使っています。

またオカリナの楽譜集を買うと、横笛では出ない「低いラ・シ」が使われていることもあります。

横笛の演奏では半音を嫌って転調したり、演奏できない音域からずらして演奏する場合が多いです。

 

 

腹式呼吸トレーニンググッズの付録つき

テキストで使う「腹式呼吸トレーニンググッズ」は付録になっています。付録の特製ストロー(細い方)を使うと誰でも腹式呼吸になってしまいます。そうやって腹式呼吸をくり返しながら丹田で呼吸をコントロールする感覚を養っていきます。

 

 

 

横笛練習用のコロコロ笛(販売終了

笛教室では横笛練習用の短い笛を使っています。いきなり指穴のあいた横笛を吹くと指先に力がはいりますし、ツルツルすべる丸い竹ですので吹き口を正しい位置に合わせるのが難しいからです。

コロコロ笛は救急車やUFOの音?が出る「おもちゃ」です。近所に住む農家の方が「フルートを買ったけど難しい」というので、作って差し上げました。その方は畑仕事のあいまにコロコロ笛で遊んで、1週間でフルートが吹けるようになりました。

ただ「おもちゃ」ですので遊び心のない方には不向きですよ。左手で持って吹きながら、右手を筒先にかざしたり指を入れたりするといろいろな音が出ますし、ある程度の音階も出せます。そういうことを面白がる方に。

 

_

 

横笛の練習方法をサイトで紹介しています

テキストの内容をサイトでも紹介するようにしました。

これでテキストを買わなくても? 横笛が練習できますねっ。

オイオイ…

 

くわしくは→コチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

item3
●横笛を買って挫折した人にオススメ
textbook
inserted by FC2 system